旧優生保護法で不妊手術 本人が証言「国は心から謝罪を」

旧優生保護法で不妊手術 本人が証言「国は心から謝罪を」

Spread the love




旧優生保護法のもとで不妊手術を強制されたとして、70代の男性が国に賠償を求めている裁判で、本人への尋問が行われ、男性は「国は心から謝罪し、私たちに向き合ってほしい」と訴えました。



Source link


Leave a Reply

Close Menu