イラン”最後の国王”の息子 米で講演「体制の転換必要」

イラン”最後の国王”の息子 米で講演「体制の転換必要」

Spread the love




アメリカとイランが対立を深める中、41年前のイスラム革命でイランを追われた国王の息子で、反体制派の象徴的な人物がワシントンで講演し、イランの現体制を非難したうえで、体制の転換が必要だと主張しました。



Source link


Leave a Reply

Close Menu