3歳児死亡事件 男児に虐待受けた子どもにみられる特徴か

Spread the love

東京 江東区のマンションで3歳の男の子を死亡させたとして同居していた男が逮捕された事件で、男の子の遺体の状況を詳しく調べたところ、虐待を受けるなどストレスにさらされた子どもに多くみられる特徴があったことが捜査関係者への取材でわかりました。警視庁が詳しい状況を調べています。

ことし9月、東京 江東区豊洲のタワーマンションの1室で、3歳の男の子に暴行を加えて死亡させたとして、当時、同居していた大手機械メーカーの社員、渡邉雄二容疑者(34)が傷害致死の疑いで逮捕されました。

警視庁が男の子の遺体の状況を詳しく調べたところ、腹部や頭に内出血が確認されたほか、免疫の機能に関わる「胸腺」という臓器が縮んでいたことが捜査関係者への取材でわかりました。これは、虐待を受けるなどストレスにさらされた子どもに多くみられる特徴だということです。

渡邉容疑者は男の子について「目を離したすきに風呂で浮いていた」と説明していましたが、警視庁の調べで、男の子は腹部に暴行を受けた疑いがあることがわかったということです。

警視庁は日常的な虐待がなかったかについても詳しく調べることにしています。

By: http://www3.nhk.or.jp/news/html/20191205/k10012202511000.html

Leave a Reply

Close Menu