コロナウイルス 対策の基本方針きょう決定 政府

新型コロナウイルスをめぐり、政府は25日、対策の基本方針を決定します。その素案には、感染拡大の防止策を講じるとともに、今後、患者数が大幅に増えた地域では重症者向けの医療体制を確保するため症状が軽い人には自宅療養を求めるなど、状況に応じて対応を変えることなどが盛り込まれています。 Source link

Continue Reading

コロナウイルス 国内の感染確認851人に(クルーズ船含む)

厚生労働省によりますと、24日、クルーズ船で対応に当たった厚生労働省の職員と検疫官の合わせて2人の感染が新たに確認されました。また各地の自治体によりますと、北海道、東京都、石川県、神奈川県、熊本県で合わせて11人の感染が新たに確認されました。 Source link

Continue Reading

「今後1~2週間が瀬戸際」国の専門家会議が見解示す

新型コロナウイルスへの感染の報告が相次ぐ中、国の専門家会議は、今後1~2週間が感染拡大のスピードを抑えられるかどうかの瀬戸際だという見解を示しました。一般の人ができることとして、▽多くの人と近い距離で対面する場所を可能なかぎり避けることや、▽かぜなどの軽い症状の人は自宅で療養することなど、対策への協力を求めています。 Source link

Continue Reading

政府 基本方針素案 “患者増で重症患者中心の医療提供体制を” | NHKニュース

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための具体策を盛り込んだ政府の基本方針の素案が判明しました。患者が増加するペースを抑制するための感染拡大の防止策を講じるとともに、今後、患者数が大幅に増えた場合は、重症の患者を中心とした医療提供体制を整備するため、症状が軽い人は自宅での療養を求めることなどが柱となっています。 医療機関をむやみに受診 感染しやすい環境を避けて 新型コロナウイルスをめぐり、政府は、24日専門家会議の会合を開き、専門家の意見を踏まえて、具体策を盛り込んだ総合的な基本方針の素案をまとめました。それによりますと、現在の状況について、「国内の複数地域で感染経路が明らかではない患者が散発的に発生し、一部地域には小規模な集団感染が把握されている」としています。そのうえで「患者の増加のスピードを可能なかぎり抑制することは、今後の流行を抑える上で重要であり、今後、患者数が大幅に増えた時に備え、重症者対策を中心とした医療提供体制などを整える準備期間にもあたる」としています。そして、今が今後の健康被害を最小限に抑える上で極めて重要な時期だとして、国民に対しては医療機関をむやみに受診することや、感染しやすい環境に行くことを避けるよう求めています。 かぜの症状みられる場合 休暇取得や外出自粛を 続いて具体策です。国民や企業に対して、▽発熱などかぜの症状がみられる場合、休暇の取得や外出の自粛などを呼びかけるとともに、▽イベントの開催については、一律の自粛要請は行わないものの、感染の広がりや会場の状況などを踏まえ、開催の必要性を改めて検討することなどを求めています。 地域で患者数増えた場合 広く外出自粛を求める対応も 感染拡大の防止策では、今後、地域で患者数が継続的に増えた場合は、感染経路などを調べる調査や濃厚接触者に対する健康観察は縮小し、広く外出自粛の協力を求める対応にシフトするとしています。 かぜ症状が軽度な場合 自宅での安静・療養を原則 医療提供体制について、現在は、感染が疑われる人は、「帰国者・接触者相談センター」に電話をしたうえで、紹介された専門の「帰国者・接触者外来」を受診してもらい、そこで入院などの措置をとっています。これを今後、患者数が大幅に増えた場合は、▽一般の医療機関で、診療時間や動線を区分するなどの感染対策を講じたうえで、患者を受け入れるとしています。あわせて、▽重症者を多数受け入れる見込みの指定医療機関から順に、専門の外来を段階的に縮小するとしています。また、▽かぜの症状が軽度な場合は、自宅での安静・療養を原則とし、状態が変化した場合にかかりつけ医などに相談の上、受診するよう求めるほか、▽かぜの症状がない高齢者や基礎疾患がある人は、感染防止の観点から、電話による診療で処方箋を発行するなど、医療機関を受診しなくてもよい体制を構築するとしています。政府は、25日、対策本部を開き、基本方針を決定し、公表することにしています。 Source link

Continue Reading

感染確認の50代男性はJR相模原駅勤務 事務作業を担当 | NHKニュース

新型コロナウイルスへの感染が、22日、明らかになった相模原市に住む50代の男性について、市は、相模原駅に勤務するJR東日本の社員であることを明らかにしました。市は、男性は事務作業が中心で、利用客への感染の可能性は極めて低いとしています。 Source link

Continue Reading

新型コロナ「外国人380人余を隔離」北朝鮮国営ラジオ

北朝鮮の報道を分析している「ラヂオプレス」によりますと、北朝鮮の国営ラジオは24日朝の放送で、新型コロナウイルスについて「全国的に外国人380人余りを隔離したのをはじめ、外国に出張した人や接触者、異常な症状を示した人たちに対する隔離や観察が強化されている」と伝えました。ただ、どのような外国人が隔離の対象になっているかは言及していません。 Source link

Continue Reading

複数で面会、記録作成…IR基本方針に具体的ルールを 政府

IR=統合型リゾート施設をめぐる汚職事件を受けて、政府は、来月にも決定するIR整備に向けた基本方針に、閣僚や国家公務員らがカジノ事業者と接触する際は、必ず複数で面会し、記録を残すなど、具体的なルールを盛り込む方向で調整しています。 Source link

Continue Reading
Close Menu